コンセプト

自然素材で造る”ここ地いい家”

不動産業を30余年やってきて様々な家を見てきた私が今思うことは・・・
自然素材で造った家は中古になっても不思議と高くで売れるということです。
つい最近、自然素材で出来た中古住宅が2600万円で成約になりましたが、中古住宅で2000万円を超えると普通はなかなか売れないものです。

太くて大きい柱や塗り壁の家そして自然素材の床材。
そして、使い勝手の良い設備・・・
お手入れの行き届いた家・・・
そんな家には人を引寄せる何かがあるのでしょう。

自然素材の家はよく見るとキズもいっぱいあります。
そういえば・・・
私が生まれ育ったお家の大きな柱にも兄や姉たちと背比べしたキズがいっぱいあったことを思い出します。
童謡の「せいくらべ」の世界そのままでした。

他にもたくさん思い出があります。
あの柱にもいたずらでキズを付けて・・・
あの壁に落書きして・・・
天井には大きな年輪の模様があって・・・
そんなことが、今でも鮮やかに目に浮かんできます。

昔の家には、なぜこうもたくさんの懐かしい思い出があるのでしょうか?

それに比べ、現代の家はどうでしょう。
ビニールクロスの壁は少し落書きしただけで直ぐに消したくなります、見た目にはきれいな合板のフローリングにキズを付けようものなら目を三角にして怒りだす・・・。

それに比べて自然素材の家には人を優しくする何かがあるようです。

自然素材の床材

自然素材の床材には弱点もあります。
例えば
・ソリが出ることも
・キズが付きやすい
・物によっては模様がまちまち・・・

現代のキレイにプリントされた合板のフローリングを見慣れている人は、模様が統一されていた方が見た目にキレイと思うかも知れません。
そして、説明書にも書いてあることでしょう
例えば
・イスのキャスターキズが付きにくい
・コーヒーをこぼしてもシミが付きにくい
・ワックス掛け不要・・・etc
こう書いてあるとまるで万能のような気がしてきませんか?

でも、10年、15年経過してくると事情は一変します。
合板のフローリングは耐力が急速に落ちてきます。
合板のフローリングの表面が湿気を吸ってシワシワになったり
一部表面がペロッとはがれていたり・・・
上から踏むとブワブワ沈む床のお家を見たことはありませんか?
さらに、色柄、模様が時代にマッチしなくなって古ぼけた感じのする床を見たことはありませんか?
長い間には間違いなく一度は張替が必要になってくるものです。

それに比べ自然素材の床材はどうでしょう。
シミやキズさえ愛(いと)しく思えてくるから不思議です。
色柄が素朴で飽きがきません。
身体にもほどよい弾力が伝わってきます。健康的です。
自然素材の床には顔の頬(ほほ)をペタッとくっつけたまま、いつまでも寝転んでいたくなります。
お手入れ次第では一生ものとして使えます。

本物の素材は、人を優しくしてくれる・・・
そんな不思議な力があるようです。

あなたは、合板のフローリングと自然素材の本物の床材どちらがいいですか?

塗り壁

塗り壁の弱点・・・
昔の家の多くが塗り壁でした。
昔の家を知っている人に聞いてみると
思い出す欠点と言えば

・ボロボロ落ちる
・擦る(こする)と白くなる
・ピンが押せない・・・etc

そんな、少しイヤな思いを持っている人も少なからずいることと思います。

実は、私もその一人でした。

私は長い間、塗り壁の家を造ってあげたい!自然素材の家を造ってあげたい!本物の家づくりを提供したい!
そう願っていたのですが、良質な素材に、なかなか出合えなかったのです。
でも、念ずれば通づ!ですね。
とうとう、ついに出会ったのです。
お客様に安心してご提供出来て、そして後々メンテナンスにも問題の無い
私の不安を完全にぬぐい去ってくれる良質な素材にです。

現在の塗り壁素材も進化しています。
・ボロボロ落ちない!
・擦っても白くならない!
・ピンが刺せる!
・成分は健康素材で出来ています!

このように昔の弱点を見事にクリアーしており、しかも、価格も良心的です。
今の価格にほんの少しだけ足すだけで、自然素材の床材、そして塗り壁の家づくりが出来ます。
特別裕福な人でなくても手の届く安心価格で”本物の家づくり”が出来る嬉しい良質素材です。

自然素材、健康素材をもっと身近に!

自然素材で造る家、健康素材で造る家・・・というと

「自然素材や塗り壁の家は高くなるに決まってるじゃない・・・」
頭からそう言われる人は、おそらく高級感が先入観念としてあって、そうお答えになるのだと思います。

もちろん凝り過ぎて全部を塗り壁にしようとすると当然、家の価格は段々高くなっていきますので、
ご予算の許す方ならそれもいいのですが、でも、例えば、ご予算に合わせて、塗り壁にする部分は1階部分だけ、2階部分だけとか、リビングだけ、寝室だけ、子供の部屋だけとして、他は布クロスや自然木材などと組み合わせて使用すれば驚くような価格にはなりません。

そうすることで十分、見ごたえがあって自慢の家づくりが可能なのです。

自然素材は手入れが大変!というウソ!

よく聞くお話として、家づくりのプロと称する人達の多くが、「自然素材は価格が高いし後からのメンテナンスが大変!」と言って、誰もが知っている価格の安い化学製品の素材をわざわざ薦めて、自然素材をあきらめさせようとするかも知れません。

でも、そう言っておきながらその一方で、家づくりのプロが自ら我が家を建てるときには、どうすると思われますか?
なぜか、できるだけ自然素材を使おうとするのです。
本物を手に入れた満足感が違うからではないでしょうか。
そうであれば、お客様にも初めから自然素材をお薦めるのが良心的な業者と言えるのではないでしょうか。

家づくりのプロが安価な普通の製品を薦める訳は、どうも別なところにあるようです。
お約束します。アートライフホームがお薦めする自然素材、健康塗り壁素材はメンテナンスも簡単です。何ら心配はいりません。

自然素材の床材、木材はソリや割れが出ることがありますが、それは素材が生きている証拠です。初めからその素朴さを理解し愛せる人なら何ら問題は無くメンテナンスも問題はありません。